高コレステロールや脂質異常症に良い食事メニュー

高コレステロールや脂質異常症を改善するには、コレステロールを下げる食品で作られた食事を毎日食べるようにするのが良いです。

そのためには、まずコレステロールを下げる食品飲み物を覚えて、食事のメニューを考えるようにしていきます。

今日は誰でも簡単に作れる、高コレステロールや脂質異常症に良い食事のメニューをご紹介します。

スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・豆腐チャーハン
・大豆パンのハンバーガーやピザ
・豆腐のオリーブオイルかけ
・焼きキノコサラダ
・梅と酢のめかぶ納豆
・酢玉ねぎ

・豆腐チャーハン

レシピはこちらに書きましたが、

この一品でお腹一杯になり、大豆イソフラボンや大豆サポニンなどのコレステロールを下げる成分がたくさん摂れる高コレステロールや脂質異常症に良い食事です。

・大豆パンのハンバーガーやピザ

大豆パンの生地で作ったピザなどは、糖質が少ないので高コレステロールや脂質異常症に良い食事となります。

中性脂肪が高い方は、糖質制限することで目に見えて中性脂肪が下がる傾向があります。

スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・豆腐のオリーブオイルかけ

豆腐とオリーブオイルの相性は抜群です。

軽く塩を振って食べると、豆腐の持つコレステロールを下げる成分だけでなく、オリーブオイルの抗酸化作用を吸収することが出来ます。

つまりLDLコレステロールが高い方に最適で、誰でも簡単に作れる食事なのです。

・焼きキノコサラダ

キノコは体内の余分な脂質を吸収して、便と一緒に排出させる働きがあり、

サラダに使われるレタスやキャベツなどの野菜は、食物繊維が豊富でこれもまたコレステロールを吸収して体外に出す働きを持ちます。

・梅と酢のめかぶ納豆

我が家の定番です。ネバネバのめかぶと納豆は、相性も良いですが、高コレステロールや脂質異常症に良い食事の王様と言えます。

めかぶのアルギニンや納豆キナーゼで脂質異常症を改善します。

そして注目は、さらにお酢を入れてる事です。

お酢は高コレステロールだけでなく、血圧と血糖値を下げる事でも有名な調味ですので、生活習慣病全般に効果を発揮します。

・酢玉ねぎ

酢玉ねぎは、テレビや雑誌でも何度も取り上げられている生活習慣病にとっても良い食事です。

酢玉ねぎの作り方(クックパッド)

冷蔵庫で冷やしておけば、10日前後保存できますので常備しておくと良いでしょう。

酢玉ねぎのイソアリインは、血液をサラサラにする効果があり、LDLコレステロールや中性脂肪を下げます。

また生の玉ねぎは血糖値を下げる事でも知られますので、糖尿病や脂質異常症など生活習慣病に不安がある方は酢玉ねぎを食べるようにしましょう。


スポンサーリンク






サブコンテンツ

特定保健用食品 LDLコレステロール




サンスターの特保

このページの先頭へ